子供の演武から学べること

指導員の菅原です。

今日は自由が丘の合気道サークルの二回目となる演武会を行いました。

子供達は20分間、全力でこの半年練習した合気道を披露し、存分に楽しませてくれました。

終了後は前回に引き続きワークショップを開催し、大人子供一緒に合気道の稽古をしました。基本動作から護身術まで、大人たちは皆、子供達がこれほどまでにハードなことに取り組んでいたのかと感心されていらっしゃいました。

***

まだ合気道を始めて一年足らずの、小学校低学年以下の子供達がこれほどまでに素晴らしい演武を見せてくれるのは、ただの元気さからくるものや、ましてや親の言われたことを従順にこなしているからではなく、彼らが目の前のことに全力で取り組む姿勢のおかげだと思います。

そのようなエナジー溢れる子供達は、日本の多くの子供たちとは違く(少なくとも私が子供の頃とは違く)失敗を恐れず見よう見まねで積極的に技を披露してくれます。

我々大人が子供をみて学ぶべきは、このように全力で失敗を恐れずにチャレンジしていく姿勢なのかもしれません。

合気道が痩せるために有効な3つの理由

こんにちは、指導員の菅原です。

暖かくなり、新しいことを始める方も増えるこの時期。道場にも多くの方から新規のお問い合わせを頂くことが増えました。
その中でよく聞かれるのは、

「合気道って痩せますか?」

です。

 

極論、頑張った人は痩せますし頑張らないと痩せない!のですが、、、通常のダイエットではうまく行かずとも、合気道だからこそ痩せられた方がいるのも事実なんです。

 

なぜ合気道で痩せられるのか、今回はそのことについて考えてみたいと思います。長文ですのでお時間ある時にお読みください。

 

合気道で鍛えられる3つのポイント


合気道を練習することで、以下の3つが得られます。

  1. 代謝
  2. 柔軟性
  3. 誘惑に負けない脳

詳しく見ていきたいと思います。

1. 代謝が改善する


日常生活では上半身を使いがちです。ジムでも、目がいきやすい上半身をジムで鍛えることが多いはずです。

合気道では、全身を使った動きをしないと技がかかりません。そのため、体幹下半身に特に意識して稽古します。これらは筋肉の大部分を占める大きな筋肉のため、代謝の改善に役立ちます。動画を見るとイメージが少し湧くと思います。

2. 柔軟性が増す


合気道では、受け身の練習を行います。その際に、普段伸ばさない部分を自然に伸ばすことになり柔軟性が増します。これは怪我をしないことにも役立ちますし、疲れにくくするためにも非常に重要です。動画ではいくつか受け身を紹介していますが、意外に筋力よりも柔軟性や身体の扱い方を必要とする動作です。

3. 脳が鍛えられる


ダイエットにおいて目的はいわずもがな痩せることです。でも、誘惑に負けてダイエットを継続できない、食べてしまうので目的を果たせないことも多いはずです。

誘惑に負けてしまうのは、心の問題に見えて脳の問題です。誘惑に負けやすい脳の状態であれば、一時的に痩せても容易に誘惑に負けてしまいます。実はダイエットにおいて最も手を付けるべきは脳です

近頃、ダイエットにおいて瞑想が注目されています。瞑想は、脳を本来あるべき静かな状態に戻し、自制しやすい状態にできると言われています。ヨガをやって痩せる方も、この瞑想により脳が鍛えられたからこそ、痩せやすい生活習慣に切り替えられたからといえます。

合気道のいいところは、この瞑想を、一人で、そして相手と行うことができるからです。正座して稽古を待つ際の瞑想はもちろん、パートナーとして組む相手に対して集中することで、相手と一緒に瞑想状態になることができます。合気道が、「動く瞑想」と言われる所以です。

令和の時代に和の武道を


拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

これまでご紹介したように、代謝、柔軟性、誘惑に負けない脳を鍛えることで、痩せやすい身体を作ることができます。ただし、これらは即効性はありません。夏までに痩せたい!という方は、軽度な食事制限などを組み合わせるといいかもしれません。

ここまで読んで、武道をやる方の中には、ダイエット目的で始めるなんて不純なんじゃないかなぁ、と思う方もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。きっかけは何でもいいのです。

合気道を続けている方の中には、最初は痩せることが目的だったが、痩せたあとは合気道が楽しいから続けて黒帯を取った、という方もいらっしゃいます。人は弱いので、一人では何かを成し遂げることは決してできません。道場で共に稽古するからこそ、お互いに律し合うことができるわけです。

是非この夏合気道にトライしてみてください。

春の昇級審査を行いました

指導員の菅原です。

今日は全部で6名の子どもたちの審査を行いました。

これまで、審査稽古は指導員がつきっきりであたっていたのですが、今回からはある程度子どもたちで技の練習を行ってもらいました。どうしてもふざけてしまうこともありましたが、本番に向けて互いに指摘しあい、高めあっていく姿を見ると、合気道を通じた成長を垣間見れてとても嬉しいです。

明日の日曜日も審査があるため、ゴールデンウィークも休まず精進していきたいと思います。